手軽に見た目を変えたい|美容外科で本当の自分に生まれ変わろう

気になるほくろの対処法

女性

手軽になったほくろケア

ほくろは誰にでもある、皮膚にできる黒い部分です。生まれつきあるものと、途中で現れるものがあります。ほくろは黒いメラニン色素を含む細胞が集まってできており、基本的に体に害のあるものではありません。しかし、ほくろの大きさやできた場所によっては大きなコンプレックスとなります。特に顔にできたほくろは目立ちやすく、毎日鏡を見ては気になって仕方がないという方もいます。近年では皮膚科や美容外科でほくろ除去手術を受けることができるようになっています。レーザー光線でほくろを焼く手法がメインとなっており、小さなほくろであれば費用も数千円から行えます。色が濃いほくろや大きなほくろは数回の治療が必要になることもありますが、一回の治療時間が短く済むため、負担が少ないのが特徴です。

アフターケアに気をつける

レーザーによるほくろ除去を行った後は、黒かったほくろの部分の細胞が焼かれて皮膚に傷ができている状態です。医師に処方された薬を正しく使い、皮膚を保護していれば1週間から2週間で皮膚が再生し、傷が回復してきます。しかし無理にかさぶたを剥がしてしまったり、化粧品などで刺激を与えてしまうと皮膚の再生を妨げてしまいます。元通りになるまでに余計に時間がかかるだけでなく、傷跡が陥没したままになってしまうこともあります。ほくろ除去後のアフターケアについて、医師からよく説明を受けておく必要があります。また、個人でほくろ除去クリームを手に入れてほくろを取る方もいますが、化学薬品で皮膚の細胞を焼いているため、皮膚に大きなダメージが与えられています。後のケアが自己流になりがちなので、細心の注意を払う必要があります。